友人の猫、ハナコ氏の思い①

2020年1月9日

 

こんばんは。5ネコの母、MA-SA(マーサ)順子です。

 

この度の

九州北部中心に大きな被害を与えた豪雨の影響で

おつらい思いをなさっている皆様に、

心よりお見舞い申し上げます。

穏やかな日々に早く戻れますよう、お祈りいたしております。

 

 

 

 

 

はじめに

酷暑の夏、8月も最終日になりましたね。

本当に厳しい暑さでしたが、

皆さまのご体調は いかがでしたでしょうか。

私は 暑さに弱く、今回の夏は一時的にダウンしていました。

皆様も、秋に向けて どうぞ ご自愛くださいませ。

 

前回は、連続3回にわたって

わが家の黒猫をめぐる話を 書きました。

今回も、実は・・・また猫の話なので、

いささか 前回と被ってしまいますが、

8月中に書いておきたい気持ちがありまして、取り上げます。

 

今回は わが家の5猫の話ではなく、

友人の飼い猫をめぐる、なんというか不思議な話です。

あまりに興味深いので、

ご本人の許可を得て、書かせて頂くことにしました。

 

今回もエピソードが盛り沢山で、何話かの連続になります。

見えない世界を体感できる 一連の出来事。

実は、どなたの周囲にも、

そのようなことが 今まさに 進行中です。

 

 

 

 

 

8月7日に 突如 現れた仔猫

今月の7日、夜のこと。

4匹の猫を飼っている猫友から 電話が入りました。

「ビッグサプライズが起きた!  仔猫がやって来た!」

「ん、何ですって? 」・・・一体何が起きたのか、

ちょっと聞いただけでは意味不明でした。

 

よく聞くと、こういうことでした。

夕方の遅い時間帯に、友人のお母様が

飼い犬さんのお散歩を させていた時、

急に仔猫が現れて、お母様の足元にじゃれついたようです。

 

進むに進めず、困ったお母様は、

帰宅したばかりの息子(=友人)を呼びました。

見ると、小さな仔猫がお母様のズボンの裾から

離れないでスリスリしています。

 

状況を見た友人は、

これは家に連れて帰るしかないと判断し、

連れ帰ったということでした。

 

すでに、犬猫合わせて 5匹もいるわけですから……

お世話の負担も 増すわけで……

お母様としても悩ましいところだったかと思いますが……

 

あまりの人懐こさと 可愛さゆえに

息子の判断も 受け入れるしかなかった、

ということでした。

 

いつもは お母様は その時間帯に 散歩に出ることはなく、

出てみたら仔猫が運命的に待っていて、

会った途端に

母様も 受け入れざるを得ない状況だった、、、

 

何というか… この不思議な出会いは。

誰かが動かしているのでしょうか。

 

 

 

 

 

そのラッキーな子は、キジトラ白の 小さい小さい仔猫です。

目ヤニが付いていて ちょっと気がかりでしたが、

友人は4猫たちと同じスペースに 仔猫を放つと、

中でも一番面倒見のよいメス猫(ピッピちゃん)が

さっそく仔猫の相手をし始めたそうです。

 

それはまるで、前からここに その仔猫がいたかのような、

あるいは

その仔猫が来るのを知っていたかのような、

自然なふるまいでした。

 

 

 

 

 

来ると同時に、溶け込む仔猫…。

来ると同時に、面倒をみる先住猫ピッピちゃん…。

その様子を見て、

友人は5猫生活を 迷わず決めたようでした。

その生活を 数週間前に 大決心したばかりの

私と同じように ⁉︎ 

 

「何これ? 宇宙に、“ 猫ほしい波動” でも 放ったの?」

あまりの不思議な流れに、 訊ねました。

「気づかないうちに、そうしたかも…しれない?」

との返答でした。

 

そういうの、真似しなくていいのに!

可愛いだけで すまないんだからね。

1犬5猫生活ってさ、、、大変だゾーーーッ💦

 

 

 

 

(↑ 面倒見のいいピッピちゃん♀)

 

仔猫の名前、何がいいかな〜?

さておき、仔猫ですが 目ヤニが気になります。

さっそく明日にでも、動物病院に行く必要があるでしょう。

それもそうですし、まずは名前決めなくっちゃね〜😺。

 

「 前回の猫(黒白猫のさっちゃん)の時も

   良い名前を提案してくれたから、

   また名前、考えてね、自分でも考えるから。」

と言われ、早速 ネットであれこれ調べていました。

 

 

 

 

(↑さっちゃん♀)

 

5猫生活は 苦労があるかもしれないけど、

それは別として、名前を付けるっていうのは、楽しい〜♪

良い名前、付けたろ〜やないか(*´ω`*)

 

そういうのが好きな私は、

画数とか流行とか、そんな観点で

すぐに 猫の名前をネットで調べてみましたが、

うまく言えないのですが…ピンと来ないのでした。

 

「ネットで調べるのではなく

 感覚で名付けよ という意味だな!」と気づき、

切り替えました。

 

直観を待ちました。すると……7日に来た…? ナナちゃんか?

うちの兄が保護した猫も、

17日に来たからナナちゃんと付けたって言ってたな。

ツイ友さんの猫ちゃんも ナナくんだな。

良い名前だ、ナナちゃんが いいかな?

でも待てよ、ちょっと保留〜~💦

 

そう思った次の瞬間、

別な ある猫さんのことが頭をよぎりました。

それは、この友人が とても大事に可愛がっていた

猫のハナコさん♂のことです。

 

奇しくも今日は、8月7日。「ハ、ナ」……か。

ハナコさんが、何かメッセージでもよこしたのかな?

よし!

ハナコさんの名に ちなんで、新しい仔猫の名前は

「はな」ちゃんに決まりだな(=^x^=)❣️

 

 

 

 

 

人さまの飼い猫なのに、すっかり

仔猫の名前は「はなちゃん」と決めてしまった私でした。

間違いなく、友人も同意すると予想しました。

 

なぜかと言うと・・・

背景には、深い話があったからです。

この続きは、また明日 書かせていただきます🐱。

 

(↑可憐なハナコさん♂)

 

今は 霊性の開花のタイミング

はなちゃんが来て 3週間ちょっとの間に、

私にも友人にも、同時進行的に

大げさに言えば……霊性の開花がありました。

 

それこそ、ライオンズゲートの開く時期で、

天体の運行イベントなどは よく分からないながらも、

何かワクワクしていました。

 

このタイミングに それぞれに、

(また私の仲間にも 同様のことが進行中らしいのですが、)

不思議なミラクルな体験が重なり、

だからこそ受け取れた 宇宙からのメッセージがありました。

 

今まででしたら、きっとスルーでした。

何も、受け取れなかったと思います。

今、霊性が高まってきたというか 次元上昇(-_-;)というか、

すごい流れに入った感じがしています。

 

皆さまも、きっと

そのような感覚を お持ちなのではないでしょうか…。

 

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

明日は、ハナコさんをめぐるお話、

ちょっと泣けるかも知れません…😿。