友人の猫、ハナコ氏の思い②

2020年1月9日

はじめに

こんにちは。5ネコの母、MA-SA(マーサ)順子です。

9月になりましたね。

新しい月のスタートは、エネルギーの変化を感じます。

新しいことを何か1つ、始められるといいかもしれません。

 

私は、今月、

心浮き立つ お仲間たちとの交流を

いっそう深めたいと願って 過ごすことに。

先月、願いの現実化が

スピードアップしているのを 体感できてきたので、

とても楽しいです🌼 。

 

9月が、皆様にとって

心地よく実りある月になりますように(^-^)❗️

 

 

 

 

 

さて今日は、前回に続きまして、

友人の猫をめぐる不思議な話の第2話です。

 

前回の記事では 友人宅に 突如として仔猫が現れ、

飼うことになった流れを書きました。

今日は、仔猫に付けた名前の由来から始まって、

友人のかつての飼い猫「ハナコ氏♂」のことを

詳しくご紹介しながら、

ハナコ氏の気持ちを感じ取ってみたいと思います。

 

猫も、人間と同じように 意識存在です。

縁あって人に寄り添って生きる いわゆるペットは、

飼い主との意識交流をさかんに行っています。

 

その交流は、どちらかの肉体が失われてもなお、

続けることができるのです。

そう望めば…という言い方になりますけれど。

 

今回の連続記事ですが、

「うちの猫、こんなに可愛いのよ〜♡」などのような

猫飼いさんの 個人的なネコ自慢話ではなく、

人間と猫との意識交流の具体例…という意味で

興味深いと思い、書いております。

 

 

 

 

(友人の家の階段で、可愛く首をかしげる はなちゃん)

 

仔猫「はなちゃん」は、ハナコ氏の使者かな

ハナコさんは・・・お読みになってお察しかと思いますが、

残念ながら、すでに他界している猫さんです。

(その辺りの事情は 次の回で書かせていただきます。)

 

8月7日に 友人の元に 仔猫が突然 現れたのは

驚くべきことでしたが、

これは

飼い主である友人の意識エネルギーと

亡きハナコさんの意識エネルギーの

共鳴から起きた現象、まさに共同創造だと、

私は思っています。

 

意識=魂は エネルギーであり、

肉体の有り無しにかかわらず、発散されています。

そして、良きにつけ悪しきにつけ、

単なる偶然のようにも思える、不思議な現実さえ

創りだします。「意識が 現実を創る」のです。

 

ですから 良き現実を創るために、

望む方向に 意図的に意識を向け、上手に使いたいものですね。

 

 

 

 

 

話がそれました。戻します。

仔猫の出現に関して、私は こんなふうに感じました。

 

🙋‍♂️友人の意識エネルギーは →

“  順子さんとこに 新しい猫が来て 猫5匹で幸せそう。

   猫って可愛い。

   もう1匹くらいなら、居てもいいなあ…。”

※ (私談としては……いやいや、苦労も多いですよ。

       適正飼育数って、あるよね〜😥)

 

🐱亡きハナコさんの意識エネルギーは → 

“  飼い主さんに 伝えたいことがあるけど、

   ちっとも伝わらないよ…もどかしいなあ。

   こちらの世界でよく使う、数字の語呂合わせ方式で

   猫ちゃんでも送りこんで 気づいてもらおうか。

   もう1匹 飼ってもいいって言ってるし…。” 

 

そんな流れを 何となく受けとった私は、

動物病院に仔猫を連れて行く際に、

「名前はナナちゃんにしようと思う」と言う友人に対して、

話しました。

 

「ナナちゃんも良いけど、この子は “ はなちゃん” でしょう。

   だって8月7日に登場だよ、ハ、ナ、だよ。

   ハナコさんがこの子を よこしたに違いない」と。

 

友人も、「ああ! なるほど、8月7日か! 」と

すぐ分かった様子でした。

では、名前は「はなちゃん」しかないね👍と、

納得していました。

 

可愛い はなちゃんは、猫風邪にかかっていて、

眼軟膏を処方されました。

今は 目の具合も 落ち着いて、先住猫さんに可愛がられ、

すくすくと育っているそうです😊。

 

 

 

 

(保護の翌日、動物病院に連れて行かれた はなちゃん)

 

うるわしいオス猫、ハナコ氏の話

少しの間、新入り仔猫「はなちゃん」から離れて

ハナコさんと

その血族の猫さん達を巡る話に 移りますが、

お付き合いください。

 

ハナコさんは、2015年4月に 

飼い主である友人の自宅サンルーム床下で

5匹兄妹として生まれた仔猫の 1匹でした。

ワケあって、猫たちはあくまでも外猫であり、

飼い猫という位置づけではなかったのです。

 

ハナコさんは、とりわけ美しいということで

友人はメスだと思い込み、女の子の名前を付けました。

花のように可憐な仔猫でしたので、

その名前を付けたそうです。

 

飼い主を見ると途端にゴロンする、愛らしさ❣️

ちょっと珍しく、きれいなグレートラ白の体色。

くっきりとしたアイライン入りの両目。

左右シンメトリーな、バランスのよい可愛いお顔。

人懐こいだけでなく、魅力的な猫さんでした…。

 

私は、実は 直接にはハナコさんと一面識もないのですが、

写真を見た時に、後ろ姿に

可愛いtama tama がチラリと見えたので^^

「この猫さん、オスじゃないかな?」と友人に言うと、

「そんなはずはない💢」と、なぜか怒るのでした(笑)。

 

見るからに うるわしい子でしたから、

メスにしておきたかったのでしょう(^-^)

まあ、そのうち性別が分かる日が来るでしょうから…。

 

9匹の猫に、一斉に去勢避妊を

性別判定が必要な流れは、翌2016年3月にやって来ました。

さすがにこのまま外猫たちが繁殖するのは

まずいだろう…とのことでしょう、

友人は 猫たちに去勢避妊手術を施し、また放してやるという、

いわゆる地域猫的な処置をすることに決めたようでした。

 

5匹以外にも、血縁らしい4匹の猫を加え、

合計9匹の猫たちの去勢避妊手術です。

捕獲器を次々と仕掛け、動物病院へ運び、

手術を施してもらい……。

 

側から見ていても、すごい気力、実行力!

お金もかなり かかって大変…! 感心しました。

そして、手術後の安静が必要な一定期間、

一時的に 猫たちを家に入れて、

ご自宅は、大所帯の猫ハウスになっていたようでした💦

 

友人曰く、

猫たちでいっぱいの大所帯の時は、本当に幸せだった…と。

「猫好き度」は 私以上じゃないでしょうか!

いつから そんなに猫好きだったのかと、

驚きました(*´ω`*)

(↑左から、チャチャちゃん、ハナコ氏、ピッピちゃん)

 

その期間も過ぎ、リリースのタイミングとなりました。

猫たちのうち 数匹は、

捕獲や手術の恐怖が記憶に残り、散っていき、

寄りつかなくなりました。

 

しかし 特に人懐こく 可愛がっていた 数匹が、

相変わらず サンルーム床下でフードをもらいながら

過ごしていました。

その中の1匹が、ハナコさんです。

 

時期的にまだ寒い頃でもあり、

友人は、寒さ対策などいろいろ配慮していました。

猫さんを室内飼いできない ご事情があったのです。

 

さて、この猫さんはオスでした。( ほうらね!)

でも 友人にとっては 付けた名前に愛着があったのでしょう、

変更せずに そのままにしたようでした。

オスと言うことの証明に、「ハナコ氏」と呼ぶことに。

 

ところが、

こんなに可愛く美しい子でしたが・・・

手術後、2ヶ月ほど経った 5月3日の夜を最後に・・・

忽然と姿を消したのでした・・・。

 

たまたま その夜、友人は

庭にいたハナコ氏を抱っこして、語りかけたそうです。

「家の中で飼えなくてゴメンな、本当は家に入れたいんだよ。」

なにか、別れの勘というものが 働いたのでしょうか……。

 

さらに他にも数匹、帰って来ない子がいて、

一体何があったのかと・・・。

話を聞いた私まで 胸痛み、不安に駆られました。

 

 

その後、ハナコ氏は、2度と姿を現しませんでした。

 

言えなかったアニマルコミュニケーションの内容

2016年夏から、

私は アニマルコミュニケーターになるための

勉強を始めていました。

 

原則的に、クライアントさんから依頼されないと

リーディングなどはできないのですが、

ハナコ氏がとても心配だった私は、

申し訳ないことですが

勝手にハナコ氏とのコミュニケートを試みました。

 

まだ勉強中の未熟な時期でした。しかし、それでも…。

ハナコ氏がこの世には もういないことが

イメージと感情で 伝わってきたのです。

 

見えた光景は、食堂のようなお店でした。

ふっくらしたエプロン姿の女性の足元に、

ハナコ氏はスリスリゴロゴロしていました。

しかし その場面自体、まるごと、

この世のものではなかったのです。

 

あの世…と言われるところで、女性に可愛がられて

過ごしているように見えました。

なのに、受けとったのは悲しい感情で、

それは この世への未練のように感じとりました。

 

友人には、勝手にリーディングした申し訳なさと

受け取った内容が 友人を悲しませるものであることで、

舞台設定のみ、登場人物のみをアッサリ話したのでした。

生きていることとして…。

 

どこかで生きていてほしい……その想いは、

私も 同じでした。

私も、こんな愛らしい猫、ハナコ氏に

一度は 会ってみたかったです。

 

翌2017年、私は 自分で言うのも何ですが

リーディングの腕を上げ、

アニマルコミュニケーションを より豊かに

行えるようになっていました。

 

そして、今度は友人の許可を得て、

しっかり目のリーディングを行いました。

しかし、やはり悲しいイメージが現れてきたのです。

 

その内容と その後の展開については、

また次回の記事に続きます。

長くなってしまいそうで恐縮です🙇‍♀️。

 

今日も 最後までお読みいただき、ありがとうございました♡