「ゆるすこと」のすごい意味

2020年6月12日

今回は、

いわゆる「ゆるす」ことの意味について、

私の体験を通して 新しく気づいたことを書きます。

同じように悩んでいらっしゃる方々に、

何かしらヒントがお伝えできれば 幸いです。

 

 

 

 

 

「ゆるす」ことの難しさ

精神世界、見えない世界に関心をもつ皆さまは、

「ゆるす」という言葉を折りふれ お聞きになると思います。

「ゆるす」ことは大事なんだよと…。

 

私も、怒りたくなるものに向かって、

いやいや無理ムリ、「許す」ことなんかできない・・・とか

「がんばって許します」・・・などと、言っていました。

なかなか、あれもこれも、アッチもコッチも

キッパリとは許せないのでした。

 

しかし、許さないとなぁ・・・と思いながら生きていると、

「◯◯政治を許さない!」などのスローガンを見聞きしても

悩みます。

ソレはよくわかる、同感だ、でもしかし? 

それは自分にはね返えるはず?

などと、市民運動の流れを見ても悩んでいました。

 

怒りたくなる対象が 自分の中に あることを知ったのちは、

「罪悪感」や「絶望感」や「恐怖」を相手に

「自分を許す」と言うことの難しさと、格闘しました。

 

( 私の場合、自覚できるネガティブな意識として

上に書いたように

「罪悪感」や「絶望感」や「恐怖」をもっていて、

それらに翻弄(ほんろう)され続けていました。)

 

ある瞬間、

「わあ、やっと許せた!」といえることがあったりして、

心が晴れやかになったこともありました。

でも、ある程度だけ、なのです。

 

許す・・・その意味は、

裁きを、ジャッジを、手放すことかなと思っていました。

それも確かにあると思います。

宇宙には善も悪もない、などと聞くと、

ますますジャッジを手放さなければ、と思いつめます。

 

しかし、

私が持っている ネガティブ意識 根が深いカルマを相手に、

自分を裁かない…という方向で

「ネガティブ意識を手放します!」的に宣言しても、

スピリチュアルガイドに相談しても、

長きにわたって 腑に落ちる感覚を得られなかったのです。

 

なんだろう、この違和感は…???

 

 

 

 

 

 

「ゆるす」とは受け入れること

最近、 「ゆるし」をテーマに語られている動画を

観る機会がありました。そこで気づいたのですが、

「ゆるし」(赦し)とは、受け入れることなのでした。

 

長所も 短所も、好きなところも 嫌いなところも、

ステキなところも ダサいところも、

すべて引っくるめた存在が 自分です。

 

一部分だけ、ポジティブな半身だけを愛して

そこだけと付き合って生きること自体、無理なのでした。

自分が引き裂かれます。

無視すれば、自分の半身が泣きます。

「無いことに しないでくれ! 認めてくれ!」

と、泣き叫ぶのです。

 

また、自分の中の 闇の部分を敵対視すれば、

これでもか、と闇が刃(ヤイバ)を向けてきます。

繰り返し繰り返し、闇の体験がやってきます。

 

 

「そうだったのか、すべて受け入れるのか…。」

自分でも以前の記事に、分かったように書いていたのですが

まだ腑に落ちていなかったのでしょう。

自分のネガティブさにも、闇にも、

愛しさを感じて抱きしめればよかったのです。

 

まさに、北風と太陽のたとえ話、です。

気づいた時、涙がこぼれ、同時に光が差しました。

 

 

 

 

 

 

「ゆるす」とは 感謝して別れること

私は、寝る前に いつも 簡略的な瞑想をするのですが、

その夜は、自分に こんな語りかけを

無意識のうちに行なっていました。

 

「 罪悪感さん、絶望感さん、恐怖さん、ありがとう。

    あなたがいたから、今の私の成長があります。

    あなたのおかげです。

    長い間、本当にありがとう。さようなら。」

 

イメージの中でのことですが、ネガティブ意識に対し、

気づかないうちに勝手に、感謝を述べていました。

彼らの存在の意味に、光を当てたのかもしれません。

また、涙がこぼれました。

 

すると、罪悪感や絶望感や恐怖が

スーーーッと浄化されていったように思いました。

彼らから言えば、

「長く邪魔もの扱いだったけど、やっと気づいてくれたのか。

  こちらこそ、ありがとう。。。さようなら👋」

だったのかもしれません。

 

ゆるす(赦す)とは、感謝してお別れすること。

今は、そんなふうに捉えています。

 

似たようなことは、これまでも聞いていましたが、

まだ、ピンと来なかったのです。やっとここまで来ました。

 

これが分かると、次のことばも無理なく言えます。

なかなか言いにくかったことです。

 

「私は、このままで、素晴らしい存在です。

   私は、このままで生きて、価値ある存在です。

   私は、そもそもが、完璧な存在です。」

 

まさに、ゆるした結果、

自分の光も闇も、すべて丸ごと 受け入れられると 

分かりました。

 

 

 

 

 

 

苦しみの果てに光を見る

繰り返しになりますが、

  「罪悪感さん、絶望感さん、恐怖さん、ありがとう。

    あなたがいたから、今の私の成長があります。

    あなたのおかげです。ありがとう。さようなら。」

 

これが言えて、私は翌日から

同じ家に住み、同じ毎日の家事をこなして過ごしながらも、

違う世界に行き、

新しく生まれ変わった気分になりました。

 

時々、また、

ネガティブ意識3兄弟に さいなまれそうになります(汗)。

でも、彼らが悪役ではなかったどころか

光を当てて見たところ、

私を成長させてくれていていたことが分かったので、

たまに来るくらいならね、……歓迎します(*´-`)

 

「あら、また顔 見せてくれたの?  

 ちょっとだけなら・・・お相手しますよ。」

などと仲良く過ごし、

罪悪感や絶望感、恐怖の現場に 舞い戻って、

その感情を味わったりすることも、きっと怖くないでしょう。

懐かしいのね、もうちょっと味わいたいのね、

などと思えるはずです。

 

いつか、彼らは すっかり消えていくのでしょう。

その日が来るのを 待ち侘びる必要もありません。

きっと、知らないうちに そうなるのでしょう。

 

ゆるしによって、自分という存在から

パワフルな エネルギーが発するようになります。

私たちがよく言う、「波動が上がる」というか。

それです、一気に上がります。

 

すると、3次元的な喜びで言うなら、

体験する現実も変わります。

楽しいシンクロニシティが起きたりして、願いは叶いやすく

思ったことは速やかに現実化するでしょう。

 

 

私としては それも嬉しいのですが、そこに留まらず

私の夢である

「必要な記憶をとりもどし、魂の尊厳を回復させる(覚醒)」

のために

ゆるしについて知ることができたのだろうと、思っています。

 

ハイヤーセルフさんの計画でしょうか。

さすが、頼りになるなあ^^

 

 

 

 

 

以上、私の「ゆるし」についての体験話でした。

私の場合は、「自分のネガティブ意識」をゆるしたのですが、

ゆるす対象は、

嫌いな人、かつてゆるせなかった親や血縁者、配偶者……

具体的な人物に対しても同じことが言えます。

 

ご自分を 何らかの意味で成長させてくれたと、

少しでも思えるお相手であれば、

ご自分のために、「ゆるすが勝ち」とさえ、思います。

 

こちらのエネルギーが変わるので、

相手も なぜか、どんなふうにか、変わります。

離れていても、伝わります。今は亡き方々にも、伝わります。

 

(苦手なアンチクショーや 大嫌いなアノヤローに対しても、

やってみる価値がありますよ💦

ただし、無理のない範囲で、なさってくださいね。)

 

長文なのに、最後までお読みくださいまして

ありがとうございました。

皆様に幸あれと祈ります❣️