宇宙から来ている猫②

2020年1月9日

 

はじめに

おはようございます。

5ネコの母、MA-SA(マーサ)順子です。 

ついに大晦日ですね。いろいろとご予定がお有りかと思います。

皆さま、どうぞ良い1日をお過ごしください💫

 

そんなお忙しい中、恐縮ですが、

前回の記事の続きを書かないと年が越せないので(⌒-⌒; )、

ご興味のある皆さま、お時間のある皆さま、

お読み頂けましたら嬉しいです。

 

前回は、

どうも猫にも「スターシード猫😽」がいるようだ…という

にわかには信じがたい、人騒がせな話をしました。

コレでした。↓

 

どうしてそんな、とんでもない話を考えたのか?

その背景なども語ってみたいと思います。

 

キネシオロジーやペンジュラムについて

宇宙から来ている猫もいる⁉︎

それを教えてくださったのは、このブログでも時々書いていますが、

魂クリニック・外氣功療法院の院主先生でした。

 

院主の千葉一人氏は、ドイツ製の波動測定器

(ペンジュラム=キネシオロジー系の測定器)を用いて

体調不良や霊的な障り、また亡き方々のご供養、先祖供養、

各自の魂の磨きについてなど、さまざまな面で

幅広く「霊的な療法」を手がけていらっしゃいます。

 

以下の💠マークの引用箇所は

ちょっと理屈っぽい文面が続きますので、

面倒だなと思われましたら、読み飛ばしてくださいね。

 

💠キネシオロジーとは? 

Oリングテストなどをお聞きになったことがありますか? 

自分にとって好ましい対象を、自分自身が知って体で反応する、というようなことですね。

仙台市内の漢方薬も処方する某有名クリニックさんで、ご自分に合う薬かどうかの判断の一手段として、Oリングテストを行なっている…と聞いたことがあります。

これはつまり「筋反射」という考え方ですが、似非科学と捉えて否定する向きもあります。

 

キネシオロジー(筋反射)について、以下のようなブログ記事を見つけました。

感謝して引用させて頂きます。

(キネシオロジーという)

筋反射の大前提として

「意識に上ってこない奥底の感覚」として

「身体・筋肉・潜在意識はすべての答えを知っている」

「質問の答えを判っている」

「すべて記憶している」というものがあります。

 

「身体・筋肉・潜在意識」は知っているから「反射・動く」わけで、「潜在意識」 ここがポイント。

……

私たちの身体は、私たちが思うより正直で素直で

沢山の真理を知っているということを信じきる。

 

過去も未来も、嘘も本当も、

自分の中の奥の奥の魂の持ってきた遥か彼方の記憶まで

しっかり知っているのだ。

(たぶん細胞の奥の奥、DNAあたりが) ……

 

💠ペンジュラムとは?

ペンジュラムとは、昔から水脈や金を探すために使用したダウジング用の振り子のことです。

今は、潜在意識の声を聞くためのツールとして用いられることが多いようです。

私自身、その程度しか説明できる知識を持っておらず💦

そこで以下を引用させて頂きます。

 

ペンデュラムはなぜ動く?

諸説があり誰もが同意する明確な論理が確立されているというわけではない、というのが実情です。 しかしながら、ある一つの答えがあります。

「あなたの手が動かしているから」

そして、問題の焦点は「何が」あなたの手を動かしているのか?に移っていきます。当協会では、様々なダウザーやヒーラーたちとの交流、そして、自分自身の経験より次のように考えています。

エネルギー共鳴の理論です。詳しい説明は別の機会を用意するとして簡単にわかりやすく説明するなら、筋反射テスト(マッスルテスティング)を思い出してください。好ましいと思われるものに対しては筋肉は力が入り、その逆のものに対しては力が弱くなる。これは、エネルギー的な共鳴、あるいは、共鳴しないことによる、エネルギー現象としての説明ができます。

好ましい同種のものには共鳴する、逆のものには共鳴しない。そういったエネルギーの反応が起こりそれが筋肉を操作する神経にも影響を及ぼすわけです。それが、ペンデュラムに映し出される。

シンプルな原理としては、これです。そして、それを応用させていったのが、現在のペンデュラムの設計構造であり、技術論なのです。

(JSD日本ダウジング協会HPより http://dowsing.jp/101/001history.html)

 

こちらも疑う向きもありますし、

AとB、どちらが良いとか悪いとか考えること自体、二元的で

ディセンション的な発想であるとも言えると思います。

 

しかし魂クリニックさんでは、

個人的な行動のヒントをもらうためとか、

A、Bの良し悪しの判断基準に使う……のではなく

療法の前段階の状態を見たり、

療法の成果を確認したりするために用いていらっしゃると

思われます。

 

いやいや、もっともっと深いと思いますが〜〜、

今は説明には力不足、情報不足です🙇‍♀️。

さらに今後も学んで、詳しく書けるようにいたします。

 

 

猫の療法中に知った、意外な情報

キネシオロジー的波動測定器の使用と

(加えて興味深いのですが)真言密教と十三仏の考え方

また虚空蔵菩薩ご真言を用いて、

様々な療法を行なってくださる魂クリニックさん。

 

人間についてはもちろん、

ペットの身体のレベルを上げる療法も扱っていらっしゃいます。

 

私は、今年4月にすでに激しい便秘で苦しんでいた三毛猫あみに、

ペット向け「身体レベルアップのための療法」を

お願いしたのですが、

その際に、三毛猫あみがなかなか改善せず

なぜだろうか?と探っていただきました。

 

そして何ということか、

この猫が「宇宙由来の魂の猫であった!」という情報を

いただいたのです。

えーー🤨⁉︎

 

猫(動物一般)は、地球のエネルギーから生まれた存在だと

先生ご自身も考えていらしたようなので、

きっと先生も驚かれたことでしょう。

私も、もちろんビックリ仰天でした❗️

 

しかも、この子は

はるばるアンドロメダ 銀河から来たらしいので、

2度ビックリです⁉️

だって、飼い主よりも(いわゆる)ずっと高次元から

来ているのですよ〜?

 

そう言えば、猫の故郷はアンドロメダ ……と

都市伝説系の話で聞いたこともありますが、

「またまた〜ご冗談を、まさか〜😆⁉︎ 」と思っていました。

それなのに、目の前の三毛猫がそういう存在だったとは❗️

 

ニャンとも、はるばる遠くへ来たものだ…。

 

 

 

 

 

それは置いておくとして、その時の先生の療法は

地球由来の魂の猫向け?というようなことで

なかなか改善せず、以降、手立てを変えて頂き、

また飼い主自身が行える手立ても、教えて頂きました。

 

さらにはキジ白なつこも、

激しい下痢でしたので療法をお願いした際に、

この子まで、宇宙由来の魂の猫だと聞かされ、2度ビックリ❗️

 

なつこはプレアデス系の出身でしたが、三毛猫あみより

厄介さは少ないようでした。

(高次元ほど、地球になじみにくいのかな〜?)

 

さらに、友人の猫さんにも同じようなことがありました。

この夏に、友人の家に来た新入り仔猫がもたらした、

猫風邪感染による先住猫の不調。

 

先住猫さん2匹が入院。2匹とも療法を受けたのですが、

どちらも宇宙由来の魂の猫でした。

確か記憶ではアークトゥルス系とプレアデス系です😆。

 

おそらくは、彼ら宇宙猫は、これらの星系に留まらず

他の星系をも渡り歩いているのかもしれません。

なぜなら、同じく宇宙由来の人間(スターシードたち)も

あっちこっちの星系影響を受けているらしいからです。

 

いや〜、宇宙って!

 

 

 

 

どうも、これらのことから想像するに、

宇宙由来の魂の猫は、地球に結構な割合で存在するのでは?

ということ。

(今は、私が知り得た猫についてだけ語っていますが、犬や

 他の種族ペットさんにも、当てはまるのかもしれません。)

 

もう一つ、

彼らは、魂とユニフォームである肉体がマッチしにくく、

肉体的にやや弱いのかもしれないな、ということです。

 

うちにいる宇宙猫は、2匹とも胃腸が弱いのです。

また、容姿的には毛質が弱々しく、薄く、

冬には気の毒な感じのパサパサ感を感じさせます。

 

 

一方で、わが家で言えば、

地球にドンと足を付けグラウンディングして育った

黒猫マチ子などは、毛質フサフサで丈夫で食欲も旺盛。

たまたまなのでしょうけれど、遺伝子的に恵まれているのか、

同じ猫とは思えないパワーです。

 

 

 

 

 

私も始めたペンジュラムの結果では、確かにマチ子は地球由来。

キジトラ風サビ猫のエリーと黒一点の黒猫ふくやは、

地球と宇宙を行ったり来たりしているかも?

 

猫でさえ、その魂の故郷は、もはや地球のみでなく

宇宙全体という括りで考えていいのかもしれない!

これが、魂クリニックさんで診ていただいた結果から

私が感じたことでした。

 

あなたの飼い猫さんも、ちょっと弱い体質でしたら、

もしかしたら宇宙由来の魂の猫さん……かもしれませんね💦

地球由来の元気な猫さんとは違う、精神的肉体的な配慮が

必要な子かもしれません。

 

猫はこうすれば大丈夫と、一律では語れないのかもしれません。

 

ただし、今回の三毛猫あみの病状で分かったことですが、

適切な医療の助けも必要です。

下痢と嘔吐の癖のあるキジ白なつこも、あみに続いて

病院で血液検査など受けさせ、治療を考えたいと思っています。

 

宇宙由来の魂の猫が、なぜここに?

次の疑問は、なぜそのような魂がわざわざ宇宙から来て、

地球の猫というユニフォームを着て

私たちの目の前に現れるのか?……ということでした。

 

魂クリニックの千葉先生のお話では、

地球由来の猫は「魂をみがく必要がない」…そうです。

つまり(ここからは私の想像ですが)、

すでに完璧な存在なのではないでしょうか。

 

一方、宇宙由来の魂の猫は、

今回は猫として生まれましたが、魂をみがく必要がある…。

 

つまり私たち人間と同じように、あるいはそれ以上に

カルマを作ってしまっていて、

その解消のために今回は地球に来ている…のではないか?

ということです。

 

例えば…です。うちの三毛猫あみは、

ペット親バカ承知で申しますが、可愛いのです…が、

時に苦難の表情を見せます。

 

猫好きの友人曰く、「難しい顔をする」と評していました。

柄のせいかなあ〜?

 

 

 

 

 

また、キジ白なつこの方も、

似たような毛色のキジトラ風サビ猫、エリーが

さっぱりした顔なのに対して、

ちょっと暗い表情を見せることがあります。

保護される前に苦労があったのかなあ〜?

 

 

 

 

 

 

彼女たちも

カルマ(ネガティブ意識)を何かしら抱えているなら、

何度も輪廻転生して解決していくことになります。

その行程で、たまたま今、ここに来ているわけです。

 

輪廻転生って、つらいことも多いよ。。。

何だか、いじらしいなあ…😿。

 

 

どの猫も、私の意識が呼んだから来た

しかし、彼ら宇宙猫は、みずからのカルマ解消のためだけに

ここに、私たちのそばにいるわけではない、とも思います。

 

というのは、ここ1年の私の猫たちの行動、様子から

私自身が深い学びを得たことは、

何度も書いている通りです。

 

地球由来猫らしい黒猫マチ子も、

宇宙由来猫らしい三毛猫あみ、キジ白なつこも、

同じように私自身の気づきに貢献してくれました。

種別関係なしに、どちらも、です。

 

つまり、スピリチュアルな考え方で言えば

私の意識が、彼女たちを呼んだのです。

私の意識により、彼女たちは引き寄せられた…とも言えます。

 

私自身が、自分のカルマ解放のために

彼女たちにあのように振る舞わせた…とも言えます。

 

ということは、ペットの猫も犬も

もちろん家族、パートナー、人間一般も、

好きなあの人も嫌なあのヤロウも、

私たち自身が何かのために呼んでいる、ということです。

 

呼ばれた存在には、お役目がある。

良いこと、嫌なこと、どちらもでしょうけれど、

私たち自身が何かに気づくために、わざわざ呼び寄せている、

そう考えられるように思います。

(あ〜〜、めまいがするけど〜🌀🌀)

 

意識が現実を創るという原則に、戻ってしまいました。

 

 

まとめ

想像の域を出ませんが、分かったことを書きます。

 

宇宙由来の魂の猫も、

地球由来の魂の猫も、

地球人(スターテラン)も、

宇宙人(スターシード)も、

みんな、ある意味仲間として、ここ地球で生きている🌏。

 

宇宙人にも、地球人にも、

光もあれば闇もある。

おのおのが、

みずからの魂をはぐくみ、成長させ、

輪廻の輪から脱して根源に帰っていく。

 

その過程で会えたことを、喜びたいものです。

 

スピリチュアルガイドに、

三毛猫あみの魂がなぜここに来たのか、

イメージで知らせてほしいと訊ねたことがあります。

 

イメージで来た彼女の魂は、

肉体はなく、光そのものでした。

フーーーと吹き渡る風のように、光る存在でしたが、

ある時、フーーと吹き渡る中で、何かを感じ取った?

波のような、信号のような、エネルギーというのでしょうね。

 

一瞬ですが、

三毛猫あみの魂は、何かを受け止めたようでした。

 

それは、2代目の愛猫シロを喪って悲しみに暮れていた時、

私が地球から送ったエネルギーでした。

 

「おーい! まだ見ぬ可愛い猫ちゃん!

 シロくんが去って行ってしまいました。悲しいです。

 今度は、あなたが私のところに来てください!

 待っています❣️」と呼んだのでした。

 

 

 

 

 

そして、彼女はその要望に応えて、

猫として誕生し、私のもとへやって来てくれました。

ですから会えたのは当然でもありますが、

やはり奇跡でした(^O^☆♪

 

皆さまのお近くにも、奇跡の出会いがたくさんあるはずです。

猫さんに限りません。

その奇跡的な出会いを喜びながら、

今日、2019年の最後の一日を、お過ごしくださいませ♪

 

最後までお読みくださって、本当にありがとうございました。

皆さまと、皆さまの大切な存在すべてに、

幸多かれと祈ります💞